努力のしかたを間違ってる??うまくいかない時見落としているもの

1日の始まり。あなたは朝目覚ましが鳴った時、すぐにガバッと起きられるタイプですか?
(余談ですが、朝のお布団の温もりって、なんであんなにしあわせなんでしょうね。笑)

そんな時、お布団と自分との幸せなまどろみ時間を終わらせるように鳴る、目覚ましのアラーム。
セットしたのは自分なんですが、まだ起きたくない時ってありますよね。
そしてそういう時、二度寝をしてうっかり寝過ごさないために、寝ぼけてアラームを止めても数分後に自動的に再び鳴って起こしてくれる目覚ましの機能が、スヌーズ機能。

止めて寝て、数分後また鳴って、また止めて、数分後また鳴って・・・
浅い眠りのまま、それを数回繰り返し、結局トータル30分くらい経っていて。
だったら30分ぐっすり寝た方が、よっぽど眠りの質は良かったんじゃないかと思ってしまったりします。

そしてこれは、人の人生で起きる「問題」の仕組みと、とてもよく似ているのです。

その場しのぎでごまかして目の前の問題をやり過ごしても、何故かまた同じようなパターンがすぐやってくる。
スヌーズのように、何度も何度も。

 

目覚ましのアラーム音なら、まだかわいいんです。
現実では、それは「問題」としてやってきます。これは全然かわいくない。(笑)

例えば、
今回の新しい職場での再出発では、今までうまくやれなかった社交的でない自分を変えて明るく振る舞ったのに、気がつけば同じような微妙な人間関係になっていたり、

今までの恋愛の失敗パターンを今回は繰り返さないために自分を磨いて変えてみたのに、結局今までと同じ終わりの迎え方をしたり・・・

「頑張って行動や選択を変えたはずなのに、結局また同じような状況になってる!」
という展開が、無限ループのように繰り返されます。

 

じゃあどうやって止めるか?

アラームなら、時計のスヌーズ解除をすれば止まります。
じゃあ、現実で「時計」にあたるものってなんでしょう?

それが、「問題の本質」なんです。

 

今、目の前で起きている問題の原因は、本当は目の前にはないんです。それじゃない。

この本質が見つけられないと、ズルズルといつまでも、自分でも本当は嫌だったり苦しいのに、何故か人生でその現実を繰り返し続けてしまいます。

その状態を「きっと私はもうこういう運命なんだ」なんて思う人もいますが、なんのことはない、「問題の本質」を見逃し続けて、スヌーズ機能が作動し続けているだけです。

 

この時、
「このままじゃダメだ!自分を変えなきゃ!」
と発起して、この無限ループのパターンを断ち切り、変えようと行動し努力する人もいます。

ただ、問題の本質とは違うところをいくら努力をしても、残念ながらやっぱりスヌーズ機能は解除されないので、努力したのにまた同じことが起きてしまいます。

努力はできるのに、努力のしかたを間違えてばっかりで、空回り。
悲観的になり何もしないならまだしも、頑張ったわりに、報われない。

「まだダメか!あともう、いったい何を頑張ったらいいの?(泣)」と、頑張りたい意欲はあるのに頭打ち。
もう何が正解かも分からなくなり、だんだん行動することも嫌になってきます。

そしてとうとう心が折れた時、「もうこの道は無理だから諦めよう」となっていきます。

もう恋愛は諦めよう。

もう結婚は諦めよう。

もう幸せは諦めよう。

もう成功は諦めよう。

もう夢は諦めよう。

諦めようと決めてしまった時から、その決断に見合った未来に繋がる道が作られます。
でもしょうがないですよね。やむを得なかったとはいえ、本人がそう決めてしまったんだから。
「問題の本質」を見つけていなかっただけとも知らずに、この道は行き止まりだったんだと思い込んで、探すのをやめてしまうとはそういうことです。

 

そういう意味で、切羽詰まっていながらでもがむしゃらに努力している人って、すごく惜しい。
だって本人、ポテンシャルはあるのです。努力できるし、行動もしてる。
残念なことに、その頑張りどころがズレていて空振っているだけで。

周りから見たら「いい歳して空回りしてばっかりの痛い人」に映っていたとしても、そういう人、私はすごく好きです。

だって、「自分を幸せにすることを、まだ諦めていない人」だと思うのです。

 

本当に今の自分のはまっているパターンを変えたいと心から思い、人生のスヌーズを止めたいのなら、「問題の本質」と向き合うこと。
これが、今だ人生で繰り返している問題の、突破の鍵なのです。

「問題の本質」と向き合うには、自分が無自覚に解釈してしまっている思考癖を解除して、事実を見つめ直していくこと。

この時、無自覚の癖を作っているのが、実は自分の「感情」なんです。
頭ではわかっているのに衝動や思考停止など何故か取ってしまう行動や、あなたが自分の性格だと思いこんでいるものの原因は、実はここにあります。

だから、結局早かれ遅かれいつかのタイミングでかは自分の心と向き合わないと、物事の本質を見抜く「審美眼」は、ずっと身につきません。

その場しのぎでごまかしごまかし、問題を先送りにしてスヌーズで生き続けるその時間は、累計で見たら質のいい睡眠、質のいい人生でしょうか?

 

がむしゃらに必死でここまで頑張ってきた人は、そろそろその努力が報われてもいいのではないかなと思います。

自分で努力し行動できる人。
そういう人の場合、あと「問題の本質」がわかるだけなんです。
そこを着手すればちゃんと解決し、結果が初めて変わるから。
そしてスヌーズが止まるから。

 

この「問題の本質」が見つけられるようになる思考のしかたが、絵日記学で教えている大事なことの一つです。
これは絵日記の世界だけの話ではなく、卒業後も続くあなたの人生で、一生使える「生きる力」になってくれます。

あなたが目を覚まして見ているその景色には、曇りはありませんか?

 

 

がむしゃらに空回りするのをもうそろそろ終わらせたい方は、
まずは体験講座からどうぞ


2018-03-07 | Posted in 大人の絵日記学No Comments » 

関連記事

Comment





Comment