【絵日記学生の集い2017】1人目 おかぴー

ライターもっちーの取材レポート第一弾。
『絵日記学生の集い2017』です。

 

 

〈 自己紹介という名の座談会 〉

2017年12月23日、都内某所にて。講師の沙和さんと、絵日記学を学んだ講座の1期生~5期生が年の瀬に集結。
自己紹介と称して始まった座談会は、気づけば2時間半にも及ぶことに…。
絵日記学との出会いから絵日記学との関係性、自分に起こった変化までを語りました。笑いあり、涙あり。共感あり、気づきもあり、思い当たる節があってもだえることも(笑)ありました。

誰しも、それだけ語れるほどのものを持っているのだということに感動すると同時に、絵日記があったからこそ、自分の心や行動に目を向け、自覚的になることで語ることができたのだろうなと絵日記学の可能性を強く感じました。
人生をより深く濃いものにしてくれる、絵日記学の価値の一端を示すリアルな記録として。
(ライター:もっちー)

 

1人目 おかぴー ・・・・〉記事を読む

2人目 ちはさん ・・・・〉記事を読む

3人目 きみくん ・・・・〉記事を読む

4人目 ゆかさん ・・・・〉記事を読む

5人目 フタカワくん・・・・〉記事を読む

6人目 はるなちゃん・・・・〉記事を読む

7人目 ゆきさん ・・・・〉記事を読む

8人目 Rちゃん ・・・・〉記事を読む

9人目 みやまいちゃん・・・〉記事を読む

10人目 もっちー ・・・・〉記事を読む

11人目 けいこさん・・・・〉記事を読む

 

1人目 おかぴー

 

 

沙和さん:仕事やいろいろなことに追われていると、日々ってあっという間に過ぎてしまう気がする。「もう1週間、もう1ヶ月、もう1年過ぎちゃった」と感じることが誰しもあると思うんだけど、「本当にそんなあっという間だったのかな?」って、問いたくなっちゃうんだ。
ちゃんと向き合ってみると、365日それぞれの自分の足跡が、忘れているだけで必ずある。特に絵日記を書いてきたみんなには、手元にしっかりその記録が残っているんだよね。
それをかけがえのないものとして、きちんと時間をとって読み返して、「実はけっこう頑張ってたね」とぜひ労ってほしいと思います。

では、順番に自己紹介をしていってほしいんですが、お題「絵日記」!
〝出会ったきっかけ〟でもいいし、〝絵日記学を学んで自分がどう変わったか〟でもいいし、〝絵日記がこんなに好きなんです!〟という思いでもいいし。
絵日記に関することであればみんなに共通の話題になるからさ。ちょっと考えてみて。ではおかぴーから。

 

おかぴー:お題「絵日記」…。あ、おかぴーです。3期生です。本名は岡 和明です。
以前は、リフォームの営業をしていて、マシーンのごとく働いていて。

沙和さん:懐かしいねぇ。

おかぴー:もう辞めたんですけど、残業時間を見たら200時間と書いてあって。

 

一同:え!!? 月で?? 計算ができない…

おかぴー:月で(笑)。一番忙しい時は、朝6時に出社して、夜中の2時に退社したりとかしていた。絵日記に出会う前はそれが普通だと思ってやっていて、目の前にある契約案件をひたすら獲り続ける、みたいな。
でも、ふと「あぁ、なんか人生違うな」と思って…で、そんな時にさわ先生のブログを読み始めました。
ブログ読んで「めっちゃ良いこと書いてある」って思ってメモし始めて(笑)。
講座が土日開催ばかりで、僕は土日が仕事だったからなかなか行けなかったんだけど、一年に1回くらいしか取れない有休を取ってでも「行こう!」と思ってはじめて編を受けて、「あぁいいな」と思ったんですよ。
「自分の感情をすげーほっといたな」と思って、それから講座を受けていって、そしたらいろいろ変わったんですよ。

恋愛とかも、ただ〝こなす〟だけだったのが、ちゃんと向き合おうとなったりとか。
仕事も、「これ違うな」と思って辞めて、ずっと本が好きだったから、今は本を読みながらその本の書評を書くというアルバイトを楽しみながらやっている。
でも、本を好きだからってその道を選んだけど、「もっとこうなりたいな」ということが出てきて、さらに模索中です。よろしくお願いいたします。

沙和さん:続いて、ちはさんお願いします♪

次の人も読む 》

 

 


ライターもっちーの取材レポートへ


関連記事

Comment





Comment