作られた自分が崩壊してからが「本当の大人」の再構築の始まり

「アイデンティティークライシス」
という言葉をご存知でしょうか。

アイデンティティークライシス(identitycricis)

自己喪失。「自分は何なのか」「自分にはこの社会で生きていく能力はあるのか」という疑問にぶつかり、心理的な危機状態に陥ること。

…ちょっと、思春期のような青臭い悩みのような響きがしますね。笑
大人のみなさんは、だいぶ前に通り過ぎたものでしょうか。

では、思春期で本当にそれは完了したのでしょうか。

できれば見たくないからと、目を背けているだけだとしたら、
今、大人のあなたの片隅に常にある悩みの根本的な原因が
そこにあるかもしれません。

今回は、自分の崩壊についてのおはなし。
私のイタい体験談を交えて。。

bar

2011年、私はフランスのパリに住んでいました。
29歳の時です。

それまで勤めていた待遇のいい会社を辞めて、
お金も人のつてもなく、
フランス語どころか英語も全く話せないまま、
勢いだけで一人で憧れのフランスに行きました。
しかも、観光で数日とかではなく、
ビザなしで最長滞在できる3ヶ月間で
飛行機の切符を買ってしまったのです。

…今、書いていて思いました。

この人、無謀です。笑

 

そして、
そんな人生の大きな大冒険に出て、
旅先のフランスで沢山の奇跡に恵まれて、
幸せになりましたとさ☆

……となればよかったのですが、

見事にボロボロ、惨敗でした。。笑

 

これといった輝かしい収穫もなく、
手ぶらでの帰国。。

しばらく、帰国したことを人に言えませんでした。
だって会ったら、
「フランスどうだった?」
と聞かれるのが目に見えていたから。

「フランス語や英語を話せるようになってきます!」
「芸術の聖地で沢山のアートに触れ、
自分の作品も売り込んでチャンスを掴んできます!」
「帰国してからフランスの素敵なものを
輸入販売するなどビジネスの可能性も!」
「なんなら、フランス人と恋に落ちて、
国際結婚までしちゃうかも?」

などと立派なことばかり並べて、
待遇の良かった会社を辞めて行ったのに、
豪語していた目標は何ひとつ得られなくて。

20101219

気がつけば30歳。
今から再就職しようにも、
履歴書を書こうとして手が止まりました。
職歴もバラバラ、大学も出ていない自分に
生きていることが恥ずかしいやら情けないやら後ろめたいやらで、
人生を失敗した痛い三十路女』
の烙印が決定してしまった気がして。

友達にも会わせる顔がなく、
一ヶ月ほど、存在を消すかのように
家でひっそりと一人鎖国していました。笑

20110523

その時、私は初めてじっくり自分と向き合いました。
当時、15年分あった過去の絵日記を読み返して。

そこで読み返していて気付いたのは、
無理やりポジティブに書いて自分を上げていたり、
誰かに肯定されるためにいいことばかり言おうとする
痛々しい自分の姿が、動かぬ証拠としてありありと
絵日記の上に書かれていたことでした。

その後こんな挫折が起きるなんて知らずに強がっている自分に、
読んでいてなんともいたたまれない気持ちになりました。笑

bar

日本では、
「さわさんならできるよ!頑張って!」
と応援してくれる人が多かったけど、
フランスでは、たたき落としてくれる人が多かった。。
そして、その辛辣なまでのたたきは、
自分でも必死で隠して見ないようにしていた
自信のなさを見事にあぶり出してくれました。

そう、私が素敵に見られたかったのは、
単純に褒められて嬉しいという
ポジティブな動機だけだと思っていたら、
根本はもっと、脆いものでできていたんです。

もうスカスカのジェンガみたいな状態です。
中身なんてないし、穴だらけ。
それでももっと高く高く、
積もうとすることばかりに捕われて、
足元なんて簡単にすくわれて。

しかもそのブロックは、
テレビや雑誌の情報や、他人の価値観で構成された
偽物のブロックなわけです。

自分なんて、どこにもなかったと
気付いてしまった時の愕然とした気持ち。。

 

本当は自分に自信がなくて、価値がなくて、
そんなんじゃきっと人が離れていってしまうから、
本当は素敵でもすごくもないことをバレたくないから、
いいねって認められるために必死で頑張って、
本当の自分でない誰かになろうとする。

だから本来の自分としての道から外れるので、
今の人生に無理や問題が生じるわけです。

 

自分を一度崩壊させるというとちょっと怖いですが、
正確には、
「自分だと思い込んできた自分じゃないものを、剥がし落とす」
ということなのだと思います。

それは、崩れ去って形も残ってないがれきの山の中に、
よく見ると崩れず形を残しているブロックが残っていて、
そのブロックの名前が「じぶん」なんだと思います。

せっかく高く積み上げたのに崩れちゃった。
でも今度はスカスカの異物のブロックじゃなくて、
原石の、じぶんというブロックで積み直して、
ちゃんと自分として生きてみよう…。

 

ここから人生の選択基準が、
「他人の目」から、「自分」に戻って生き始めました。

「ごめんね、でもこれが『私』なの。
こんな私でも好きだと思ったら付き合ってね。」
と笑って言える自分になれたこと。
(ちなみにこの気付きの後受けたのが、例の面接です。笑)

もう、他人の目や期待に応えて自分を作らなくていいんだ。
何かがふっきれて、とても軽やかになりました。

 

ここから、自分の中に一本芯が定まり、
自分の生き方や、その結果起きたことに、
「自分の意志で選んだ」と責任が取れるようになりました。

「自分で生きる」とは、
自由奔放で無責任に生きることではありません。
それが許されるのは、若いうちまでです。
社会というフィールドで生きるためのルールを
きちんと理解しプレイすることには、
あなたの大人心を存分に使ってください。

bar

自分で生きること。
それは、自分の生き方の責任を自分で取る覚悟を決めること。

それができるからこそ、
「本当の大人」として芯が通ってくるのです。
だから凛としていてかっこいい、
いい目をした大人になってくるのです。

大人になるほど、自分を壊すのが怖い。
でも、それを避けて「自分を変えたい」
と言っているうちは、変わりません。

一度、作られた自分を壊す。
そして、「じぶん」という原石を軸に
「本当の大人」の再構築をしていくこと。

 

…で、実際どうやってやるの??

そのやり方を人に伝えたくて、
「大人のための絵日記学」を作ったのだと思います。
自分で生きることを、諦めたくない大人へ。

思春期の時に未完了のままになっている勉強の、
続きをしませんか?

 


関連記事

Comment





Comment