絵日記学とは?

bar

what's絵日記学

「絵日記学」ってなんでしょう?

まず『絵日記』と聞くと、
「子どもの夏休みの宿題」という
イメージが浮かぶ人は多いと思います。

なので、
「大人が?しかも日記でなくて、絵日記? 」
と不思議に思っているかもしれません。

 

でも、そもそも
大人ってなんでしょう?

絵日記学とは何か?というお話をする前に、
1つ質問です。

あなたは、自分をしっかり持ち、
いい目をした大人ですか?

芯が通り、曇りのないまっすぐな目をし、
自分の生き方に誇りをもった
「本当の大人」でしょうか。

 

胸を張って、「Yes!!」

・・・と答えたいけど、言えない。。

 

そんな人は、
自分と向き合い、自分をきちんと知ることが
必要な時期にきています。

とはいえ、「自分探し」というと、
思春期の青い悩みを引きずっているみたいに
聞こえてしまうかもしれませんね。

 

でも、大人のあなたが

「自分が何を大事にし、
どう生きていきたいのか」

を考えることは、
本当に痛くて恥ずかしいことでしょうか?

 

むしろ、その後の人生が大きく変わってくる
大事な選択をすることが増える
大人にこそ、本当は一番必要
なのではないでしょうか。

そんな問いを、
日々の忙しさを理由に
後回しにしてしまっていませんか?

忘れたふりや気にしていないふりをしても、
この問いは保留になったまま、
あなたの意識の片隅に
本当は今もずっとあるのです。

「自分と向き合うことが大事なのはわかったけど、
じゃあ、具体的に何をしたら
それをハッキリ実感できるんだろう?」
と、またここで行き詰まってしまったり、

自分と向き合おうと自己啓発や心理学、
セラピーや占い、スピリチュアルまで勉強して、
気がついたら詳しくなったわりに、
目の前の現実が全然変わってなかったり、

いろんな人に会いに行っても、
自分のやりたいことが明確で輝いている人を見るたび、
本当にやりたいことが見つからない自分に
余計に焦って空回りしてしまったり。。

・・・・・・あれ?

そもそも、
「自分」ってなんだっけ??

 

そう。
何を学んだらいいかという以前に、
自分で「自分の本質」が
わからなくなっている
んです。

いくら本やセミナーで
“自分”や“心”について学んでも、
あなた自身の「本当の自分」が
一向に見えてこない。

何故か?

自分や心というものの答は、
そもそも外からの知識だけでは
見つからない
ものだからです。

 

更に大人になると、
「大人心」の思考ばかりに偏り、
自分の気持ちをちゃんと感じる力が
どんどん鈍くなっていきます。

だから自分の素直な気持ちや
直感で感じたことが信じられず、
選択した後も、
頭の片隅にモヤモヤがずっと残る。

そのモヤモヤが自分の中にどんどん溜まっていくことで、
心だけでなく、大人の瞳の光も曇らせていきます。

よく言われる「目が死んだ大人」は、
こうしてできていくのです。

shinbi

 

「大人のための絵日記学」は、
大人になったあなたが
いつの間にか奥底に押し込み曇ってしまった
「本当の気持ち」を取り戻し、
本質の自分で生きていく為の、
言葉と絵による思考と感性の学問です。

 

「自分の本当の気持ち」は、
言葉だけでは見落としてしまいがちです

だから絵日記学では、
言葉と と組み合わせることで
自分をより深く見つめ、知ることができます。

 

絵日記を通して、自分と対話をすること。
そして、自分の本当の気持ちが
ちゃんとわかるしなやかな感性を養うこと。

その先に初めて、
「自分が本当は何を大事にし、
どう生きていきたいのか」
という問いの答えが見えてくるのです。

そして初めて、
凛として芯の通った「本当の大人」に、
根本から変わることができます。

 

「本当の大人」になるために、
自分の内側を丁寧に見つめ整えていく
30歳からの洗練された大人のたしなみ。

若さと勢いで突き進めた20代から、
物事の深みや質がわかる大人へと
価値観が大きく変わっていく
大事な時期だからこそ、
大人のあなたに学んで欲しいと思います。

 

ただ出来事に絵を添えた
一般的に知られている絵日記とは
効果や目的が異なるため、
これを「絵日記学」と名付けました。

りす

 

 

なぜ心を知る必要があるの?

心についてのお話を、絵日記学では
人の心には「大人心」と「子供心」がある
と教えています。


わかりやすく理解してもらえるように、

絵本のような動画を作りました。

(再生すると、朗読の音声が聞こえます)

 

『こころの中の おとなとこども』

あなたの中の大人心と子供心を知ることが、
「本当の自分」を知るはじめの一歩です。

 

bar

 

 『絵日記学』を作った講師について 

koushibanner