頭ではわかってるんだけど…な時、心で起きていること

こころの中の、おとなとこども

 

心には、「大人心」と「子供心」
というものがあって、

大人のあなたの心の中にも、
必ずこのふたつの心があります。

 

 

子どもの時からあるのは、
感情・感覚・感性の子供心。

 

大人になっていくにつれ
いろいろな経験をして学習し、
思考・理性・社会性の大人心が
だんだん育ってきます。

 

あなたもときどき、
頭ではわかっているのに
なぜかやれない時ってありませんか?

 

そういうときは、
「今、頭と心がバラバラになっているよ」
というお知らせでもあるんです。

頭は、考えていること。
心は、感じていること。
このふたつがずれている時に、
それは起こります。

 

あなたの中の大人心と子供心が、
お互いちがう方向に
行きたがってる状態の時なんです。

これじゃあ
別の方向に引っ張り合ってるから
うまく進みません。

自分のやろうとするものごとが、
なにかに足止めでもされているように
あなたは感じてしまいます。

 

うまくいかないから、
だんだんストレスやモヤモヤが
心の中をおおってきます。

 

だから、大人心と子供心がなかよく
いっしょに手をつないで
ふたりの心から望む方に進もうとしたら、
つまり、頭と心が一致したら、

 

いい流れにうまく乗っている時のように、
ものごとがスイスイ進み、
スムーズに心地よく回りはじめます。

これが、
頭の中もクリアで 気分も良く、

ふたつの心が整った状態です。

 

 

でも、大人になると、
社会の中にずっといるうちに
言葉や思考ばかりを使いがちです。

自分のほんとうの気持ちにフタをして
頭で考えてばっかりになるので、
心がどんどん大人心だけになってきます。

 

 

すると大人心が全部を決めてしまい、
子供心をないがしろにしてしまいます。

でも、子供心がないと、
好きなこと、大事なこと、
ほんとうの気持ち、

そして心の奥の奥にある
「じぶん」という大事な部分が
自分で見えなくなってしまいます。

それはとても、悲しいことです。

 

・・・とはいっても、

子供心の感情や気分のままに従うと、
感情の激しいアップダウンや衝動に
自分が振り回されてしまうので、

これもこれで、やっぱり大変です。

 

 

大事なのは、
大人心だけがいいのではなく、
子供心だけがいいのでもなく、
ふたりが仲良くつながっていること。

自分の中で、
思考と感情がうまく連携できていること。

 

 

そのふたつの心が整って、
はじめて自分の軸である
「まんなか」が見えてきます。

 

まんなかとは、
曇りのない本当の自分のことです。

 

あなたの中の大人心と子供心は、
今、どんな関係でしょう?
ふたりは、どんな表情でしょう?

ふたりが良い関係になると、
あなたは自分に自信を持って、
どんどん前に進んでいける人になれます。

 

 

自分の大人心と子供心を知ろう
まずは体験講座からどうぞ

 


2018-12-12 | Posted in 心のおはなしNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment