【絵日記学生の集い2020】9人目 もっちー

ライターもっちーの取材レポート第四弾。
『絵日記学生の集い2020』です。

 

〈 一年の振り返りの中にあるドラマ 〉

絵日記学の年末の恒例『一年を振り返る会』を2020年も開催しました!
絵日記講座の本編は8期がスタート、続編4期が終了していて、人数が増えると共に様々なメンバーが入り混じった会になってきましたよ。

コロナ禍に負けず、初のオンラインでの実施。
初対面の人もいるのでオンラインの画面上で全員でウォームアップをしてから、今回も「今年のハイライト」を1人ずつ語ってもらいました。

事前に自分が1年書いてきた絵日記を振り返ってもらい、ハイライトのエピソードを発表。画面越しでも心が揺さぶられるドラマが展開されました。

あなたにも共感や感動、気づきがあるかもしれません。ぜひ、十人十色のストーリーをお楽しみください。

(ライター:もっちー)

1人目 あっちゃん ・・・・

2人目 あやさん ・・・・・

3人目 おかぴー ・・・・・

4人目 かおりちゃん・・・・

5人目 ぐっさん ・・・・・

6人目 さとこさん ・・・・

7人目 さわさん ・・・・・

8人目 みやまいちゃん・・・

9人目 もっちー ・・・・〉記事を読む

10人目 ゆきさん ・・・・

11人目 Yukiさん ・・・・

 

もっちー

本編1期生 続編1期生
オンラインラボ受講中


もっちー:毎年のことなんですが、絵日記を読み返すと「こんなことに気づいていたんだ」「そういえばこんなことも考えていた」と、自分では忘れていたことにも改めて気づくことができて、読み返して良かったなとまず思いました。

その中で一番印象に残っている出来事は〝自分のことが嫌いな自分〟に気づいたこと。オンラインラボの課題に取り組んでいる中で、「人の役に立てていないなと感じる状況になると、自分は要らない存在なんじゃないか、価値のない存在なんじゃないかという気がして不安になったり焦ったりする」。例えば、自分はすでに仕事が手一杯なのに、ほかのところに関われていない、役に立てていないと不安になるということがよくあるパターン、思考癖としてあって、これは何だろうなと向き合っていったんです。そしたら、〝自分のことが嫌いな自分〟を見つけるに至りました。それが今年一番大きな気づきだったかなと思います。

 

実は私は、本編の中盤くらいで、「私は自分のことがすごく好きなんだ」ということに気づいていたんです。元々は「自分のことを好きなんて言っちゃいけない」という考えを持っていたり、自分のことを嫌いな人間だと思っていたので、その時はそれが大きな気づきだったし、それに対して嬉しさを感じていたんです。

それがさらに自分の気持ちを掘っていったら、自分のことが嫌いとか自分は出来損ないのダメなヤツだと思っている自分に出会って、ズーンとめちゃくちゃ落ち込みました。自分に対してポジティブな気持ちを抱いていると信じていたのに、180度真逆、ネガティブな見方をしていることがショックだったんです。

 

その後、「そういう自分もいていいよな。負の感情を持っているのも事実だ。」と認めて、さとこさんと近いんですが「ネガティブノート」を作ってその日あった腹立つこととか、暴言とか、もう人に見せられないようなこともあるんですが書いていました。ネガティブノートを書いたことで少し落ち着いていたんですが、最近になってまた「自分が嫌い」「自分に価値がない」と思っている自分が新たに出てきて、オンラインラボでさらに掘り下げているところです。

まだ向き合っている途中なんですが、その中で「自分を好きな自分もいるし、自分を嫌いな自分もいる。そういう状態だけど、自分を嫌いな自分も否定せずにひっくるめて、それでも自分は自分を好きでいたい」という自分の願望、気持ちが出てきたんですよ。
〝「自分を好きな自分」と「自分を嫌いな自分」を、大人の自分が抱きしめている〟こういう状態でいたいという絵を一番最近の絵日記に書きました。

それを受けて、2021年の私は、「どんな私も好きでいる」のが目標です。
また、変化を報告していきたいと思います。

 


さわさん:
もっちーは本編も続編も一番乗りの1期生で、更に今年から始まった卒業生の学び場『絵日記学オンラインラボ』で学んでくれている超熱心な生徒なんだよね。今年も絵日記学を真摯に学び続けてくれて、本当にありがとうございます。

「自分のことが好きじゃない」と思っていたのが、本編で「本当は自分が好き」という気持ちが見つかって。「これが本当の気持ちだったんだー!わー!」と思ったら、更に掘っていった奥の気持ちに「自分が嫌い」が出てきてまた覆っちゃったんだね。笑
「え、ふりだしに戻った?意味なかった?」って思っちゃうかもしれないけど、もっちーの最初の時の気持ちとは全然違う感情なんだよね。

気持ちって、中心のコアに向かって何重にも層になってるから、外から一つ一つ掘り下げて見つけていく中で途中の層に真逆の気持ちが埋まってる。だから自分の気持ちって矛盾していて、どれが本当の気持ちか混乱するんだけどね。

でも、だからこそ自分を深く知るって面白いんだけどね。

卒業後も真摯に自分と向き合い掘り下げていった中で見つかった自分の気持ちは、より深部にあるものだから、ちゃんと進んでいる証拠でもある。その気持ちの先にこそ、いよいよ純度の高い自分の本当の気持ちが待っているということでもあるから、楽しみに来年も学んでいってください♪

 

もっちー、ありがとうございました!

 

 

 


関連記事