【絵日記学生の集い2018】7人目 Yちゃん

ライターもっちーの取材レポート第二弾。
『絵日記学生の集い2018』です。

 

 

〈 一年の振り返りの中にあるドラマ 〉

12月の年の瀬。講師の沙和さんと絵日記学を学んだ生徒たちが集まり、今年一年の閉めくくりをする座談会。今年も開催しましたよ~

昨年、「自己紹介」で始まったはずが、一人ひとりが絵日記学との出会いから学ぶ中での自分の中に起こった葛藤、そして変化や成長を大いに語り時間が足りなくなるという結果に。その反省を活かし、今年は事前に語ることを項目に分け、考えてきてもらいました。

テーマは「今年のターニングポイント」
1.どんな出来事があったのか
2.その時どう感じたか
3.それにどう向き合ったか
4.結果どう変わったか

について、その当時かいた絵日記を持ってきて見せてもらいながら話してもらいました。

5分という限られた時間。でも、その中にギュッと凝縮されたドラマ。昨年にも劣らない濃ゆ~いお話、ぜひご覧ください。

(ライター:もっちー)

Yちゃん

【名前】
Yです。絵日記講座本編6期生です。

【職業】
技術系メーカーの会社員

【絵日記学を知ったきっかけ】
卒業生のあやさんが受けられていた別のセミナーを私も受けていて、あやさんのブログを読んでいたら絵日記がいいと書いてあったことがきっかけです。

【絵日記学受講の決め手】
今までもセミナーとかにたくさん参加していたので、最初のはじめて編と第1話を受けた時は、「これをやって本当に変わるのかな」という思いがけっこう強かったと思います。
ただ、沙和さんとの個別面談で「Yちゃんが、自分の変われる未来を信じきれなくてもいい。その分まで私が信じているから。」という言葉がすごく胸に刺さったのが大きかったです。

 

1.どんな出来事があったのか

今まで思っていた自分が崩れてきてしまった1年でした。
第7話の未来絵日記で、すごくつらい思いを抱えている自分を見つけました。
自分のなりたい未来を即興で演じる、語るという時、周りの皆はステキな未来を語ることができていたのに、私は本当に欲しい未来が全く出てこなくて、何も言えませんでした。

 

2.その時どう感じたか

周りのみんなは言えているのに、言えない自分が悲しくてすごく涙しました。
過去に受けた、「未来を語って実現する」というセミナーでは、スラスラ言えていたんです。
でもそれは、これなら自分が実現できると思えるような未来しか語ってこなかったからだったんだと気づきました。

これまで、大手企業に就職して海外経験も多く年収も高めな自分や、他の人に負けない自分をいつもアピールしてきました。
他の人の悪口は言わないし、上司にも歯向かわない、〝いい子〟だった気がするし、それが正しいと思っていました。

でもそれは、傷つくのが嫌で、けなされるのも嫌で、バカにされるのも嫌で、それを避けるための行動だったんです。

自分の本当の思いにはフタをして、みんなに好かれるような言動ばっかりして、恋愛も不得意な情けない自分。そんな弱い自分を見つけてしまいました。

3.それにどう向き合ったか

今は、子ども心の声を聞いてみています。
「甘えたい、かまってほしいなー」という本当に子どもっぽい思いが出てくる一方で、「自分のマイナス部分を知られたら責められるのではないか。

責められた場合に反論できる武器を持っていなくてはいけない」とか、「自分がいじめられないか仲間はずれにされないか」、「自分が弱さや甘えを出したら自分の自由が奪われるのでないかとか」考えているとてもビクビクしている子どももいます。
両極端な思考の子ども心が同時に存在している気がしています。

 

4.結果どう変わったか

今までは、一方の意見や感情しか考えられていなかったし、一方だけが私と思いこませていた部分があったのに対し、今は2つの思いがあるということを認められるようになりました。
以前よりきついという思いもあるけれど、それは2つを考えてみる、今までやってこなかったことに取り組んでいる証拠なのかなと思っています。

今は恐怖もあり、どちらの子ども心の意見を優先した方が良いのかわかってないし、自分でどちらを選んだら私は後悔しないと言えるのか自信がないけれど、弱い自分や怖がりな自分、本当の自分の思いを抑え込んだり見ないフリをしたりしなくなってきたことは成長かもしれません。

そして、その弱かったりビクビクしたりしている自分を絵日記学やっていない人にも見せていければいいなと思います。
そういう自分も自分なんだと受け入れて、等身大の自分になって、本当になりたい自分を見つけていきたいです。

Yちゃん、ありがとうございました!

 

次の人も読む 》

 

《 最初から読む

 


ライターもっちーの取材レポートへ


関連記事

Comment





Comment