【絵日記学生の集い2018】4人目 れいちゃん

ライターもっちーの取材レポート第二弾。
『絵日記学生の集い2018』です。

 

 

〈 一年の振り返りの中にあるドラマ 〉

12月の年の瀬。講師の沙和さんと絵日記学を学んだ生徒たちが集まり、今年一年の閉めくくりをする座談会。今年も開催しましたよ~

昨年、「自己紹介」で始まったはずが、一人ひとりが絵日記学との出会いから学ぶ中での自分の中に起こった葛藤、そして変化や成長を大いに語り時間が足りなくなるという結果に。その反省を活かし、今年は事前に語ることを項目に分け、考えてきてもらいました。

テーマは「今年のターニングポイント」
1.どんな出来事があったのか
2.その時どう感じたか
3.それにどう向き合ったか
4.結果どう変わったか

について、その当時かいた絵日記を持ってきて見せてもらいながら話してもらいました。

5分という限られた時間。でも、その中にギュッと凝縮されたドラマ。昨年にも劣らない濃ゆ~いお話、ぜひご覧ください。

(ライター:もっちー)

 

 

れいちゃん

【名前】

れいちゃんです。
絵日記学本編5期を卒業して、そのまますかさず続編2期生になりました。

【職業】

3つ仕事をしております(^^)
スキンケアアドバイザー
FiNC ダイエット家庭教師
Webマーケティング会社 営業アシスタント

【絵日記学を知ったきっかけ】

元々、旦那さんと沙和さんが「スタバカの会(スタバが大好きな人たちの集まり)」で仲良くしてもらっていて、沙和さんと知り合いました。
その後、旦那さんの親友のみやまいちゃんがガラッと変わったタイミングがあり、理由を尋ねたら沙和さんの絵日記講座を受けたと聞き、「絵日記」「
さわさん」「人の変化」がイコールでつながったんです。

仕事の伸び悩みや無理しちゃう自分の性格に行き詰まりを感じ、私も変わりたいと思った時に、絵日記学のことが頭をよぎり、満員受付完了状態の絵日記学講座に強行申し込みをし(笑)、奇跡的にキャンセルが出て受講できました!

 

1.どんな出来事があったのか

3つの仕事を掛け持ちするようになりました。
元々美容の仕事一本で生きていけるくらいの収入を得たくて、それをメインに頑張っていました。
やるからには結果が欲しいタイプで、とことん頑張るストイックなタイプなんです。
自分の中で「こうあるべき」という考え方がすごく強くて、それに反することは自分も、そして他人も許せなくて
たとえば、タバコのポイ捨てがすごく嫌いで、ポイ捨てした人を見つけると、めっちゃイライラしたり(笑)。

美容の仕事に関しても資格を取ったり勉強をしたり、とにかく努力していました。
でも、私よりも活躍している人を見ると、比較して「私はあんなふうになれない」と落ち込んだり、その人のことを好きだし尊敬しているのに、距離を取ってしまう自分が出てきたり、モヤモヤすることもありました。

そういうことがありながら、美容の仕事も頑張りつつ、それが成功するまでの間のサブとして派遣もいくつかやってきて、Webマーケティングの営業アシスタントもその中の1つです。
そして美容&派遣をやってきた中で、今年新たに「ダイエット家庭教師のオンラインワーク」という手段を友達から教わりました。これが私のターニングポイントになりました。

 

2.その時どう感じたか

意外なことに、その仕事のことをすんなり「いいな」と思えたんです。
昔の自分だったら美容の仕事での成功に執着していて、ダイエット家庭教師の仕事に見向きもできなかったと思います。

でも、今回その仕事のことを聞いた時にはすでに絵日記学を続編まで学んでいて、「美容の仕事の成功は自分が幸せになるための、あくまで1つの手段」と手段への執着や思い込みを克服できていたので、抵抗なく受け入れることができました。

 

3.それにどう向き合ったか

以前は、最初の美容の仕事だけで目標の収入に達成して周りに認めさせようとしていたけれど、絵日記学を学ぶうちに自分自身は安心だと思えるようになったり、周りの人間関係も良くなったりしたことで、こだわりや執着を捨てて、自分のコアが本当に喜ぶ方向へ進もうと思えるようになりました。

確かに今までやってきたことは大事な仕事の1つです。
でも、それだけで生きて行くことが成功ではなくて、それも収入源としながら、ほかにも仕事を持つことや優先順位を変えることは悪ではないと感じられるようになったんです。

 

4.結果どう変わったか

すんなり新しい仕事の魅力を受け入れることができ、今までの仕事を手放したり、今までの自分自身の努力を無意味に感じたりすることもなく、新しいチャンスに向かい合い、手に入れることができました。

資格試験の勉強、受験など、必要な時間とお金をダイエット家庭教師開始に向けて割くことができ、今、3つの仕事を無理なくこなせる状況になっています。
そして、美容以外の仕事も楽しいと感じて取り組めて、気がついたら、3つの仕事をすることで最初の美容の仕事で目標にしていた収入と同じくらいの収入が得られるようになっていました!

ほかにも、絵日記学を学んだことで4年も勘当されていた父と和解することができたり、今まで会話のなかった義母と話ができるようになったり、嬉しい変化がたくさん得られています。

 

れいちゃん、ありがとうございました!

 

次の人も読む 》

 

《 最初から読む

 


ライターもっちーの取材レポートへ


関連記事

Comment





Comment