【絵日記学生の集い2018】3人目 みやまいちゃん

ライターもっちーの取材レポート第二弾。
『絵日記学生の集い2018』です。

 

〈 一年の振り返りの中にあるドラマ 〉

12月の年の瀬。講師の沙和さんと絵日記学を学んだ生徒たちが集まり、今年一年の閉めくくりをする座談会。今年も開催しましたよ~

昨年、「自己紹介」で始まったはずが、一人ひとりが絵日記学との出会いから学ぶ中での自分の中に起こった葛藤、そして変化や成長を大いに語り時間が足りなくなるという結果に。その反省を活かし、今年は事前に語ることを項目に分け、考えてきてもらいました。

テーマは「今年のターニングポイント」
1.どんな出来事があったのか
2.その時どう感じたか
3.それにどう向き合ったか
4.結果どう変わったか

について、その当時かいた絵日記を持ってきて見せてもらいながら話してもらいました。

5分という限られた時間。でも、その中にギュッと凝縮されたドラマ。昨年にも劣らない濃ゆ~いお話、ぜひご覧ください。

(ライター:もっちー)

1人目 ゆかりさん ・・・・〉記事を読む

2人目 ゆきさん ・・・・〉記事を読む

3人目 みやまいちゃん・・・・〉記事を読む

4人目 れいちゃん  ・・・・〉記事を読む

5人目 さわさん ・・・・〉記事を読む

6人目 もっちー ・・・・〉記事を読む

7人目 Yちゃん ・・・・〉記事を読む

8人目 みのりんごさん・・・・〉記事を読む

9人目 れいこさん ・・・〉記事を読む

10人目 おかぴー ・・・・〉記事を読む

11人目 あっちゃん ・・・・〉記事を読む

12人目 けいこさん・・・・〉記事を読む

 

みやまいちゃん

【名前】
絵日記講座本編3期、続編2期の「みやまぃ」こと、宮田麻衣と申します。

【職業】
生命保険の営業をしてますが、来年からまたシステム屋(SE)に戻ります!

【絵日記学を知ったきっかけ】
異色のオーラを放つ前職同期、現・れいちゃんの夫からの紹介で沙和さんに出会ったこと

【絵日記学受講の決め手】
漠然と、変わりたいと思ったこと!絵日記学が始まる前から沙和さんのことは知っていたけど、1期、2期と様子を見ていて(笑)、3期のはじめて編のお知らせを見た時に、ビビッときました!

 

1.どんな出来事があったのか

昨年の絵日記講座忘年会で転職を報告し、今年の忘年会でも転職を報告します!(笑)
きっかけは、沙和さんとの個別面談で、自分の子供心、大人心が仲直りしたことでした。

私は元々、「自分のことをもっと大切にして良い」と言われても、自分のダメなところが許せなくて自分を責めてしまったり、仕事でも何故かいつも我慢して無理しすぎて体調を崩してしまう、ということがよくありました。

でもその原因がはっきり何かはわからず、体調を崩してしまうことでまた自分を責め、さらに頑張ろうとしてばかりいました
その仕組みが、沙和さんとの話を通して見えてきたのです。

私の中には、【いじめっこの子供心】と【いじめられっこの子供心】という2種類のキャラクターが存在していました。大人心は、【いじめっこ】にいろいろ吹き込まれ、ガミガミ厳しく言っているんです。

でも、そこには理性的な意思というものはありません。
いわば、思考を乗っ取られている、「自分はダメだ」と思い込んでいる状態です。

さらに厄介なことに、いじめられていることに存在意義すら感じる自分もいました。
「いじめられている、だから私はいま、ここに存在している」という感覚です。

2.その時どう感じたか

沙和さんに「ダメないじめられっこが、ダメなままいても別によくない?」と言われました。
その時、いじめっこが「うぐっ(。>д<)」と反論に詰まり、そこで大人心が何かから解き放たれた感覚を味わいました。

そこで初めて、今までの3人の構図(大人心、いじめっこの子供心、いじめられっこの子供心)や、それによって自分に起こっていた弊害が見つかりました。

 

3.それにどう向き合ったか

「3人で仲良く『これからどうしたいか』考えてみて!」と沙和さんに言われたんですが、その時はなかなか言葉にすることができず(苦笑)。
翌月もう一度サポートをしてもらいながらたどり着いた答えが「安心安全」「心地よさ(comfort)」ということでした。

「私にとっても安心安全で、一緒にいる周りの人たちにも安心安全な場、心地よい場を作りたい。」これが私のコアが望むことでした。

母性に近いもののようで、周りの方々から「ありがとう」と笑顔で言っていただけるだけで苦労が報われるんですね。よく「お母さんみたい」と言われる理由もわかりました。(笑)

また、あとあと見てみると、本編第1話の、心の三層構造を形作ったマトリョーシカの真ん中には全体を金色で塗り「ありがとう」と描いていたんです!これぞまさしく私のコア(笑)。

4.結果どう変わったか

昨年、今の仕事の素晴らしさに触れて、お客さまと直接やり取りできることに魅力を感じ転職を決意しました。
が、システムエンジニアから営業職という大きなキャリアチェンジは、勤務時間は変わらないのに給与は半分以下になるなど予想以上に大変でした。
私自身の安心安全が維持できなかったんですね。そこで今回、改めて転職を決意しました。

次の転職先は、大きな企業を相手にITを活用した働き方変革を実現する部門です。
私のコアである、安心安全と心地よさを武器に、「お客さまが働きやすい環境作りをしたい」とお話したところ、ご縁をいただくことができました。

そしてなんと、提示いただいた想定年収は、今年の3倍、前職と比較しても1.5倍になるというステップアップができました!

前職退職時に「この会社にいたら、30代のうちに自分が希望する年収額に到達できそうにないので辞めます!」という私の宣言も、数年後には守れる見込みが立ち…(笑)、未来絵日記で描いた、私の40歳像も、なんだかんだ叶いそうです♪

みやまいちゃん、ありがとうございました!

 

次の人も読む 》

 

《 最初から読む

 


ライターもっちーの取材レポートへ


関連記事

Comment





Comment